機械・ツーリング・工具のパフォーマンスを最大化し、生産性のさらなる高みへ

一般的にアルミは被削性が良く、スチールと比べて高い切削条件で加工されることが多い材料です。近年では航空機産業を中心に、80kWを超える高出力加工機を用いた大型アルミ部品の超高速加工のニーズが高まっています。しかし機械の能力を最大限活かした超高速加工を実現するためは、機械主軸の先に取り付けられる工具とツールホルダには乗り越えなければならない幾つもの課題があります。

タップくん

タップくんはオーエスジー株式会社の公式ブランドマスコットです。1938年創業当時からの主力製品であるハンドタップをイメージした、架空のキャラクターです。親しみやすいキャラクターであるタップくんは、同社のブランドアンバサダーとして、ものづくりと地元愛知県の発展を応援しています。

AT-2

高硬度鋼・難削材へのねじ加工において、最適な工具としてスレッドミルを提案します。その理由としては、高難度の高硬度鋼において刃先に対する負荷の軽減が可能となり、不安定になりやすい切りくずを細分化できるからです。

最新の高硬度鋼用超硬ボールエンドミルシリーズ

近年、金型業界では以前に増して金型製作の短納期化が求められています。熱処理時間の短縮や熱処理によるひずみの影響をさけるため、高硬度焼き入れ鋼の直彫り加工へのニーズが高まっています。併せて高精度化ニーズも拡張しており、これらのニーズに応えるべく、3つの製品を開発しました。

信頼に基づく協力関係

ある火曜日の朝、スウェーデン南部の都市ルンドで、テーブルを囲んだ陽気な会話が聞こえてきました。OSGの重要顧客担当マネージャーMats Anderssonと、Prodtek社のオーナーであるJakob Fornander氏、Ulf Lepik氏は、とても良好な関係です。彼らの話題は、共通の経歴、かつての同僚、職場、現在抱えている課題などに及びます。製造業界は狭い世界です。