4倍の生産性

世界の製造業はインダストリー4.0によって急激な速さで変化しています。技術の進歩により、メーカは経済性の高い新手法の採用を迫られ続けています。変化の激しい現代の市場環境で成功を収めるため、アメリカのイリノイ州のNTAプレシジョン・アクスル・コーポレーションは、オーエスジーの最先端ドリルソリューションを活用してホイールハブベアリングの生産効率を最大限に高めています。

品質と能率の両立

切削は穴加工における最初の工程の一つです。穴の品質は、ねじ切りなどの二次的な工程が必要な場合は特に重要になります。高価で時間のかかるワークを加工する場合、用途に最も適したドリルを選択することは収益に大きな影響を及ぼす可能性があります。

ADO-TRS 「Triple Revolution」 3 枚刃油穴付き超硬ドリル

3 枚刃の超硬ドリルは、現在、既に世の中で使用されていますが、切りくず処理性が良く、比較的切削抵抗が上がらない(強度の低い)鋳物、ダクタイル鋳鉄、アルミ合金鋳物などの加工で使用される事がほとんどです。中には炭素鋼、合金鋼、軟鋼などの鋼材の加工を推奨しているものもありますが、実際には刃数が多い事により切削抵抗が高くなってしまうのです。

工程の刷新

穴加工の成功は、工作機械、切削油剤、ワーク固定治具、工具ホルダ、切削工具本体などのさまざまな要因によって左右されます。さらに、固有の作業環境で最適な切削パラメータを特定することは、性能を確保するうえで極めて重要です。送り速度が小さすぎると刃先の摩耗が激しくなり、工具寿命が短くなるおそれがあります。一方、送り速度が大きいと取り除かれる材料の量が増えるため、トルクとスラストが増加する可能性があります。

高送り、 高品質、そして 高精度が求められる切削

長さ80mm で1.2379 工具鋼でのシートメタル刻印ローラーのエンボス加工を含む製造工程です。一見しただけでは、この部品の生産には厳格さは求められず、困難も伴わないように思えます。しかし、細部の加工がとても難しいのです。0.01mm の許容誤差を保ちながら、24時間にわたって連続して加工しなければならないか為です。直径が小さいエンボス加工では、ローラーの穴がすき間なく配置されており、そのために高い送り速度が実現できません。

1 本のタップで すべてをこなす

自分の仕事を陸上競技に例えるのなら、日々の業務は100 メートル走、切削工具ソリューションの供給はねばり強さが必要な1,500 メートル走、新製品の推奨はチームワークが必要な4人で走るリレー競争といったところでしょうか。顧客満足の追求は、どのような競技に例えられるでしょう。私の個人的な意見では、終りのないマラソンのようなものだと思います。