高硬度鋼加工のための優れたソリューション

タイで1989年に創業したKanagata社は、プラスチック射出成形業界向けに射出成形機・シリンダの生産およびプラスチック製品を供給しているメーカです。Kanagata社の製品の多くは、日本で洗剤類、石けん類、医薬品、口腔衛生製品、その他の洗面用品を生産しているライオングループに関連しています。同社は、これらの製品の大量生産に用いられる金型の設計と生産を担っています。

「クリーン」な部品加工のソリューション

一般的に、溝なしタップによる加工は、被削材の塑性変形という特性を利用してねじ山を成形します。切りくずが生じないため、溝なしタップによる加工はクリーンで卓越した加工方法とされています。切削タップと比べて、長い工具寿命が得られ、ねじ長の深い加工でも信頼性の高い加工を行うことができます。

AT-2

高硬度鋼・難削材へのねじ加工において、最適な工具としてスレッドミルを提案します。その理由としては、高難度の高硬度鋼において刃先に対する負荷の軽減が可能となり、不安定になりやすい切りくずを細分化できるからです。

大きな成功を確信

鉱業や浚渫業は、人や機械が過酷な環境条件下にあるということが広く知られています。これらの産業では、大径のスラリーポンプを使用してある場所から別の場所へ大量の物質を抽出し、移送する必要があります。スラリーポンプとは、水の中で固体を懸濁させ、スラリーと呼ばれる混合物を作り出す遠心ポンプのことです。

完璧な切りくず管理

1つの部品を製造する時間がたった数秒短縮できたとしても大したことはないとお考えかもしれません。しかし、年間100万個以上の部品を製造しているのであれば、とても大きな成果につながります。1つの部品の製造時間が10秒短縮でき、不良率を低く抑え、組立仕上げ時間を短縮でき、その上で工具の寿命を3倍にも延ばせたなら、計り知れない成果が期待できることでしょう。

お客様の夢をカタチに

オーエスジーは、1938年の創業当初よりタップを製造しており、現在では主力製品となっています。また、日本国内における切削工具市場でナンバーワンの地位を確立しており、世界の市場においてもトップクラスに数えられる企業となっています。日本国内の製造・販売に加え、海外グループ会社が現在のグローバル企業としての地位を支える重要な役割をはたしています。