中国におけるオーエスジーの歯科用ソリューション

歯は人体の主要な器官ではありませんが、生まれてから高齢になるまで何十年間も付き合うことになるものです。歯の状態は日々の食生活に影響するだけでなく、身体の健康にも影響を与えます。近年、中国の急速な経済発展により、生活の質に対する興味は30年前と比べて大きく高まっています。そして、生活水準が向上するにつれて、歯科サービスの需要も高まります。

AM-EBT・AM-CRE

近年、製造業の展示会では日本・海外の多くの機械メーカ各社が金属積層可能な設備の展示をしています。製造業の分野では当初、主に試作用ソリューションとして使われていた技術ですが、進むデジタル化と政府の戦略により、メーカ各社は高度なソリューションの開発を加速させています。

座ぐり加工における究極のソリューション

アメリカのカリフォルニア州ロスアラミトスにあるProfessional Bearing Service Inc.は、40年以上にわたってベアリング、オイルリング、シールの再調整と修理を行ってきました。創業者は父親のTed Mandryk氏と息子のChris Mandryk氏です。目標は、石油精製所、発電所、電動機販売店や工場、下水処理施設といった幅広い産業で使われるバビットベアリングの修理と製造の分野で先頭に立つことでした。

工具寿命改善とサイクルタイムの短縮を実現

1960年に創立されたIndústria Mecânica São Carlos (IMSC)社は、ブラジル国内外の市場における自動車産業や重工・建機部品の加工、組み立ての主要なソリューション提供会社です。主な製品には、アルミニウム・鋳鉄を材料とするトランスミッションハウジング、鋳鉄・圧延鋼・鍛鋼を加工した車軸(熱処理あり・なし)、ホイールリダクションとブレーキパッドの組み立てなどがあります。

未来のエンジニア

今から30 年後、誰があなたの代わりに会社で働き、会社を経営しているか考えてみたことはあるでしょうか。オーエスジーはそれを考えています。数十年間にわたり、オーエスジーは製造業でのキャリアを志す学生に対して奨学金や研修プログラムを提供し、若い世代への投資を続けてきました。

4倍の生産性

世界の製造業はインダストリー4.0によって急激な速さで変化しています。技術の進歩により、メーカは経済性の高い新手法の採用を迫られ続けています。変化の激しい現代の市場環境で成功を収めるため、アメリカのイリノイ州のNTAプレシジョン・アクスル・コーポレーションは、オーエスジーの最先端ドリルソリューションを活用してホイールハブベアリングの生産効率を最大限に高めています。

品質と能率の両立

切削は穴加工における最初の工程の一つです。穴の品質は、ねじ切りなどの二次的な工程が必要な場合は特に重要になります。高価で時間のかかるワークを加工する場合、用途に最も適したドリルを選択することは収益に大きな影響を及ぼす可能性があります。