座ぐり加工における究極のソリューション

アメリカのカリフォルニア州ロスアラミトスにあるProfessional Bearing Service Inc.は、40年以上にわたってベアリング、オイルリング、シールの再調整と修理を行ってきました。創業者は父親のTed Mandryk氏と息子のChris Mandryk氏です。目標は、石油精製所、発電所、電動機販売店や工場、下水処理施設といった幅広い産業で使われるバビットベアリングの修理と製造の分野で先頭に立つことでした。

1本で多様な加工用途に

従来より、平面加工をするにはドリルとエンドミルを使用する必要がありました。ドリルを使って中央の穴開け作業を行ってセンタ穴を開け、次にエンドミルを使って工程を完了させます。工具を2 種類使用しなければならないことでコストが高くなるだけでなく、さらにそれらの工具を交換することでセットアップに余分に時間がかかります。平面加工する場合、穴の品質を均一に保つことも大きな課題となります。特にプレートが薄かったり、不安定な切削環境では、一般的にバリの問題に直面します。