新たな高みへ

今後数年のうちに、中国、中東、その他の新興国では航空機の運航がより盛んになり、航空宇宙産業は大きく成長することになるでしょう。世界規模で、燃料効率は技術的に向上し、新しい航空機の需要がますます高まります。メーカ各社は、全体の費用効率を維持しながら数々の部品を短時間で改良するために、常により良い素材と加工方法を追い求めています。

生産性の向上

建設や採鉱など重工業分野の職場は、過酷で、危険で、ストレスが多く、男性ばかりの厳しい職場というイメージがあります。このようにネガティブなイメージのあるこの分野では、プロジェクトの進行に後れをとりながらも、適切な技能を持つプロフェッショナルを確保することに苦労しています。一般的にネガティブなイメージがあっても、重工業分野の職場は高水準の自主性があり、極めて高度で強力な機械類を製造工程に組み込んでいます。

信頼への 軌跡

鉄道輸送は目下のところ、費用対効果に優れ、信頼性が高く環境への影響が極めて小さいことから、最も持続可能性が高い輸送手段であるとされています。貨物輸送と旅客輸送を目的に開発されている鉄道輸送の需要は、急速に広がる都市化とグローバリゼーションの波に呼応して高まり続けています。

1本で多様な加工用途に

従来より、平面加工をするにはドリルとエンドミルを使用する必要がありました。ドリルを使って中央の穴開け作業を行ってセンタ穴を開け、次にエンドミルを使って工程を完了させます。工具を2 種類使用しなければならないことでコストが高くなるだけでなく、さらにそれらの工具を交換することでセットアップに余分に時間がかかります。平面加工する場合、穴の品質を均一に保つことも大きな課題となります。特にプレートが薄かったり、不安定な切削環境では、一般的にバリの問題に直面します。

セラミック エンドミル

セラミックエンドミルは、航空機とエネルギーの産業で広く採用されているニッケル基合金の高能率荒加工用工具として開発されました。ニッケル基合金は、高温に強く、熱伝導率が低いため、切削が困難な難削材として分類されています。インコネル718 のような材料は、温度が700℃を超えると軟化する傾向があり、切削しやすくなります。セラミックエンドミルは高温に強く、そうした被削材に適しています。