3つの利点

ドイツのレヒガウに所在するStickel GmbH社は、鋼、アルミニウム合金、ステンレス鋼製の高度な板金成形部品やアセンブリーの試作および量産加工を行っているメーカです。およそ100名の従業員で構成される同社は、欧州の主要な大手自動車メーカにサービスを提供するため最新の機械と設備を備えています。Stickel GmbH社は、ボディ、エンジン、シャーシに加え、すでに生産中止となったスペアパーツやアセンブリーなどの製造分野で最長1,200 mmの中小構造部品を生産するという強みを持っています。

より高い性能を目指して

NAMCO Machine & Gear Works社は1976年に創業した企業で、ギヤ、ギヤボックス、トランスミッション、回転機器、他にも高度な技術で生産される高品質な部品を組立てする製造メーカです。NAMCOの製品はコンパクトで頑丈、そして低コストを特長とし多くの工業製品に採用されています。

最新の高硬度鋼用超硬ボールエンドミルシリーズ

近年、金型業界では以前に増して金型製作の短納期化が求められています。熱処理時間の短縮や熱処理によるひずみの影響をさけるため、高硬度焼き入れ鋼の直彫り加工へのニーズが高まっています。併せて高精度化ニーズも拡張しており、これらのニーズに応えるべく、3つの製品を開発しました。

信頼に基づく協力関係

ある火曜日の朝、スウェーデン南部の都市ルンドで、テーブルを囲んだ陽気な会話が聞こえてきました。OSGの重要顧客担当マネージャーMats Anderssonと、Prodtek社のオーナーであるJakob Fornander氏、Ulf Lepik氏は、とても良好な関係です。彼らの話題は、共通の経歴、かつての同僚、職場、現在抱えている課題などに及びます。製造業界は狭い世界です。