金属切削:

製造で使用する産業ロボット技術と言えば、まず自動化や輸送システムが思い浮かびます。産業ロボットは自動化され、プログラム可能であり、非常に高性能です。技術の急速な進歩に伴い、現在では産業ロボットは輸送、採取、配置に使用されるだけでなく、溶接、塗装、組み立て、梱包、パレットへの積載、ラベル付け、検査などにも使用されます。

AMRC ティア1 へ昇格

オーエスジーは長年、日本、米国、カナダ、ブラジル、ヨーロッパ等の市場で、航空機部品の加工に使用する工具を提供しています。当社は、CFRP(炭素ファイバ強化プラスチック)や酸化チタンといった難削材を加工可能な工具の分野において、多岐にわたる専門性と経験を備えた多才な供給業者としての名声を確立してきました、AMRC の取扱い製品を拡充することにより、その評価をさらに高めたいと考えています。

複合材翼の加工

航空機の機体は、例えばエンジン、胴体、翼、テール、着陸装置など数多くの部品を組み立てて作られています。こうした部品の多くはチタン、アルミニウム合金、複合材で作られています。近年、燃料効率を高め、運転費を削減するため、航空機の製造業者は、軽量で耐久性が高く腐食しない材料である炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を航空機の設計に積極的に利用しています。

夢の飛行

ボーイング787ドリームライナーは、2011 年10 月26 日、全日本空輸が最初に商業運航を開始しました。2014 年6 月15 日までに、787ドリームライナーは世界中で100,000 回以上の飛行を行い、2 千万人以上の乗客を運びました。夢見た場所に787ドリームライナーで訪れた経験のある皆様には、そのご協力に感謝申し上げます。