セラミック エンドミル

セラミックエンドミルは、航空機とエネルギーの産業で広く採用されているニッケル基合金の高能率荒加工用工具として開発されました。ニッケル基合金は、高温に強く、熱伝導率が低いため、切削が困難な難削材として分類されています。インコネル718 のような材料は、温度が700℃を超えると軟化する傾向があり、切削しやすくなります。セラミックエンドミルは高温に強く、そうした被削材に適しています。