座ぐり加工における究極のソリューション

アメリカのカリフォルニア州ロスアラミトスにあるProfessional Bearing Service Inc.は、40年以上にわたってベアリング、オイルリング、シールの再調整と修理を行ってきました。創業者は父親のTed Mandryk氏と息子のChris Mandryk氏です。目標は、石油精製所、発電所、電動機販売店や工場、下水処理施設といった幅広い産業で使われるバビットベアリングの修理と製造の分野で先頭に立つことでした。

ADO-TRS 「Triple Revolution」 3 枚刃油穴付き超硬ドリル

3 枚刃の超硬ドリルは、現在、既に世の中で使用されていますが、切りくず処理性が良く、比較的切削抵抗が上がらない(強度の低い)鋳物、ダクタイル鋳鉄、アルミ合金鋳物などの加工で使用される事がほとんどです。中には炭素鋼、合金鋼、軟鋼などの鋼材の加工を推奨しているものもありますが、実際には刃数が多い事により切削抵抗が高くなってしまうのです。

リードタイムの短縮、費用効率の改善

機械や加工にあまり負担がかからないのは良いことですが、弊社にとってはさほど重要ではありません。弊社のロットサイズでは、切削速度を最大化する必要はあまりないのです。工具の交換や折損が減れば、機械のリードタイムが格段に少なくなるので、信頼性が高いことのほうが重要です。

3 枚刃ドリルの性能

自動車製造業では、一般的に、エンジンブロック、シリンダーヘッド、クランクシャフトなどの部品を、鋳鉄、合金鋼、アルミニウムなどの材料から作ります。ビジネスでは大量生産が行われるため、多くの場合、工具を選択する際、信頼性と費用効率が重要な決定要因となります。