「クリーン」な部品加工のソリューション

一般的に、溝なしタップによる加工は、被削材の塑性変形という特性を利用してねじ山を成形します。切りくずが生じないため、溝なしタップによる加工はクリーンで卓越した加工方法とされています。切削タップと比べて、長い工具寿命が得られ、ねじ長の深い加工でも信頼性の高い加工を行うことができます。

完璧な切りくず管理

1つの部品を製造する時間がたった数秒短縮できたとしても大したことはないとお考えかもしれません。しかし、年間100万個以上の部品を製造しているのであれば、とても大きな成果につながります。1つの部品の製造時間が10秒短縮でき、不良率を低く抑え、組立仕上げ時間を短縮でき、その上で工具の寿命を3倍にも延ばせたなら、計り知れない成果が期待できることでしょう。

より高い性能を目指して

NAMCO Machine & Gear Works社は1976年に創業した企業で、ギヤ、ギヤボックス、トランスミッション、回転機器、他にも高度な技術で生産される高品質な部品を組立てする製造メーカです。NAMCOの製品はコンパクトで頑丈、そして低コストを特長とし多くの工業製品に採用されています。

工具寿命改善とサイクルタイムの短縮を実現

1960年に創立されたIndústria Mecânica São Carlos (IMSC)社は、ブラジル国内外の市場における自動車産業や重工・建機部品の加工、組み立ての主要なソリューション提供会社です。主な製品には、アルミニウム・鋳鉄を材料とするトランスミッションハウジング、鋳鉄・圧延鋼・鍛鋼を加工した車軸(熱処理あり・なし)、ホイールリダクションとブレーキパッドの組み立てなどがあります。

切りくずトラブルなし

作業環境で死傷事故が起きやすく、大きな危険を伴った業界とはどのような業界だと思いますか?労働統計局(BLS)によると、建設、鉱業、運輸、製造といった業界がトップにランキングされているといいます。特に製造業界では、複雑な機械類や大規模で重量がある部品、鋭利な刃物、高速で回転するコンポーネントを扱いますが、これらすべてが作業環境に大きなリスクをもたらしています。

新時代の安定性

自動車業界の中でトラックのシェアは大きくないですが、原料や製品を輸送する最も経済的な方法の1 つであることには疑いの余地はありません。乗用車と同様に、大型トラックは特に維持費、燃料効率、よりきれいな排気ガス、安全性の改善という点で、この100 年で大きく進化しました。こうした要求を満たすため、大型トラック部品のOEM 企業と製造業者は製造工程の効率化、品質、安定性を改善するため、常に新しく革新的な問題解決策を探し求めています。