高硬度鋼加工のための優れたソリューション

タイで1989年に創業したKanagata社は、プラスチック射出成形業界向けに射出成形機・シリンダの生産およびプラスチック製品を供給しているメーカです。Kanagata社の製品の多くは、日本で洗剤類、石けん類、医薬品、口腔衛生製品、その他の洗面用品を生産しているライオングループに関連しています。同社は、これらの製品の大量生産に用いられる金型の設計と生産を担っています。

1本で多様な加工用途に

従来より、平面加工をするにはドリルとエンドミルを使用する必要がありました。ドリルを使って中央の穴開け作業を行ってセンタ穴を開け、次にエンドミルを使って工程を完了させます。工具を2 種類使用しなければならないことでコストが高くなるだけでなく、さらにそれらの工具を交換することでセットアップに余分に時間がかかります。平面加工する場合、穴の品質を均一に保つことも大きな課題となります。特にプレートが薄かったり、不安定な切削環境では、一般的にバリの問題に直面します。