AE-VTSS

モノづくりの世界では常にコスト削減の取組みが行われています。近年では、切削工具に求められる性能として従来の「高能率」、「長寿命」に加え、「省人化」や「無人化」に繋がる性能も求められています。当社では、「省人化」の最たる例の1つである自動旋盤に着目し、自動旋盤対応型のエンドミルを開発しました。

銅電極用DLC超硬エンドミルAE-LNBD-N

OSGの非鉄加工用エンドミルに銅電極用DLC超硬エンドミル 高精度仕上げ用2刃ロングネックボールタイプAE-LNBD-Nが追加されました。AE-LNBD-Nは形彫り放電加工で使用する銅電極または銅タングステン電極の加工に最適化された仕様で、バリのない美しい銅電極を削り出すことができます。これは「高精度」かつ「高品質」な金型を製作する上で、必要不可欠な要素です。

高硬度鋼加工のための優れたソリューション

タイで1989年に創業したKanagata社は、プラスチック射出成形業界向けに射出成形機・シリンダの生産およびプラスチック製品を供給しているメーカです。Kanagata社の製品の多くは、日本で洗剤類、石けん類、医薬品、口腔衛生製品、その他の洗面用品を生産しているライオングループに関連しています。同社は、これらの製品の大量生産に用いられる金型の設計と生産を担っています。

サイクルタイムと品質の向上

2005年にWeston SEAとして設立したSenior Aerospace Thailand社(以下、「Senior Aerospace社」と表記)は、2014年に現在の社名に変更しました。Senior Aerospace社は、民間航空宇宙産業の市場向けに複雑な精密部品を製造し、組み立てを行っているメーカです。主に、ブレード、アルミニウムや難削材の部品、航空機座席の部品などを製造しています。

超精密加工

近年、燃料電池を電源とするシステムが、効率が良く信頼性の高い代替発電技術として登場し、世界中でさまざまな産業に応用されています。急速な普及の原動力となっている要因には、高まる環境への懸念に加えて、水素燃料電池のインフラ整備に対する政府の取り組みが活発化していることなどがあります。

高送り、 高品質、そして 高精度が求められる切削

長さ80mm で1.2379 工具鋼でのシートメタル刻印ローラーのエンボス加工を含む製造工程です。一見しただけでは、この部品の生産には厳格さは求められず、困難も伴わないように思えます。しかし、細部の加工がとても難しいのです。0.01mm の許容誤差を保ちながら、24時間にわたって連続して加工しなければならないか為です。直径が小さいエンボス加工では、ローラーの穴がすき間なく配置されており、そのために高い送り速度が実現できません。