AM-EBT・AM-CRE

近年、製造業の展示会では日本・海外の多くの機械メーカ各社が金属積層可能な設備の展示をしています。製造業の分野では当初、主に試作用ソリューションとして使われていた技術ですが、進むデジタル化と政府の戦略により、メーカ各社は高度なソリューションの開発を加速させています。

ADO-TRS 「Triple Revolution」 3 枚刃油穴付き超硬ドリル

3 枚刃の超硬ドリルは、現在、既に世の中で使用されていますが、切りくず処理性が良く、比較的切削抵抗が上がらない(強度の低い)鋳物、ダクタイル鋳鉄、アルミ合金鋳物などの加工で使用される事がほとんどです。中には炭素鋼、合金鋼、軟鋼などの鋼材の加工を推奨しているものもありますが、実際には刃数が多い事により切削抵抗が高くなってしまうのです。

セラミック エンドミル

セラミックエンドミルは、航空機とエネルギーの産業で広く採用されているニッケル基合金の高能率荒加工用工具として開発されました。ニッケル基合金は、高温に強く、熱伝導率が低いため、切削が困難な難削材として分類されています。インコネル718 のような材料は、温度が700℃を超えると軟化する傾向があり、切削しやすくなります。セラミックエンドミルは高温に強く、そうした被削材に適しています。

AT-1

近年、絶え間なく変化する世界の製造業のニーズに対応すべく、被削材は著しい進化を遂げています。材料はより軽量化し、力や熱に対する回復力が高められており、機能性、耐久性、そして燃料効率の向上につながっています。高度化した新材料を効果的に加工するために、切削工具にもより高い性能が求められます。

フライス加工の新たな技術

AE-VMS 超硬防振型エンドミルがオーエスジーのミリング工具製品群に仲間入りを果たしました。これは次世代のエンドミルシリーズで、さまざまなフライス加工用途で優れた仕上りを実現しつつ、フライス加工効率の新境地を開くものです。