工具寿命改善とサイクルタイムの短縮を実現

1960年に創立されたIndústria Mecânica São Carlos (IMSC)社は、ブラジル国内外の市場における自動車産業や重工・建機部品の加工、組み立ての主要なソリューション提供会社です。主な製品には、アルミニウム・鋳鉄を材料とするトランスミッションハウジング、鋳鉄・圧延鋼・鍛鋼を加工した車軸(熱処理あり・なし)、ホイールリダクションとブレーキパッドの組み立てなどがあります。

未来のエンジニア

今から30 年後、誰があなたの代わりに会社で働き、会社を経営しているか考えてみたことはあるでしょうか。オーエスジーはそれを考えています。数十年間にわたり、オーエスジーは製造業でのキャリアを志す学生に対して奨学金や研修プログラムを提供し、若い世代への投資を続けてきました。

深穴切削

穴切削は一般的な工程です。しかし、深穴切削には一段違うレベルの難しさがあります。JISの定義では、長さと直径の比が4倍以上である場合を深穴切削としています。深穴切削が難しいのは、切りくずの排出と切削油剤の供給が制限されるためです。そして、不安定な切りくずと発生する熱は、工具の折損や表面の仕上がりが不良の原因となり、非常にコストがかさむ可能性があります。

生産性の向上

建設や採鉱など重工業分野の職場は、過酷で、危険で、ストレスが多く、男性ばかりの厳しい職場というイメージがあります。このようにネガティブなイメージのあるこの分野では、プロジェクトの進行に後れをとりながらも、適切な技能を持つプロフェッショナルを確保することに苦労しています。一般的にネガティブなイメージがあっても、重工業分野の職場は高水準の自主性があり、極めて高度で強力な機械類を製造工程に組み込んでいます。

信頼への 軌跡

鉄道輸送は目下のところ、費用対効果に優れ、信頼性が高く環境への影響が極めて小さいことから、最も持続可能性が高い輸送手段であるとされています。貨物輸送と旅客輸送を目的に開発されている鉄道輸送の需要は、急速に広がる都市化とグローバリゼーションの波に呼応して高まり続けています。

特別インタビュー

製造業は、新たな素材や技術の発見を通して一貫した進化を遂げています。ビッグデータ、自動化、ロボット工学、および人工知能などは、次なる産業革命とグローバルビジネスの新時代を加速させている主要なトレンドです。成長を遂げるには、追随者になるよりも革新的な技術をもって変化の主導権を持たなければなりません。マシニングセンタと製造システムの世界的メーカであるGROBグループは、技術分野のリーダ、そしてトレンドセッターとしての地位を確立し、絶え間ない発展と完全性の追求を自らのビジョンとしています。

切りくずトラブルなし

作業環境で死傷事故が起きやすく、大きな危険を伴った業界とはどのような業界だと思いますか?労働統計局(BLS)によると、建設、鉱業、運輸、製造といった業界がトップにランキングされているといいます。特に製造業界では、複雑な機械類や大規模で重量がある部品、鋭利な刃物、高速で回転するコンポーネントを扱いますが、これらすべてが作業環境に大きなリスクをもたらしています。

新時代の安定性

自動車業界の中でトラックのシェアは大きくないですが、原料や製品を輸送する最も経済的な方法の1 つであることには疑いの余地はありません。乗用車と同様に、大型トラックは特に維持費、燃料効率、よりきれいな排気ガス、安全性の改善という点で、この100 年で大きく進化しました。こうした要求を満たすため、大型トラック部品のOEM 企業と製造業者は製造工程の効率化、品質、安定性を改善するため、常に新しく革新的な問題解決策を探し求めています。