「タップくん」のプラスチックモデル新登場

プラスチックモデルは、日本の皆様には広く知れ渡っている、ディスプレイを目的としたスケールモデルです。一般的に箱から取り出してすぐに組み立てることができるキットになっています。日本製のプラスチックモデルは、高精度・高品質のレプリカとして愛好家たちの間で特に高い人気を誇ります。

機械・ツーリング・工具のパフォーマンスを最大化し、生産性のさらなる高みへ

一般的にアルミは被削性が良く、スチールと比べて高い切削条件で加工されることが多い材料です。近年では航空機産業を中心に、80kWを超える高出力加工機を用いた大型アルミ部品の超高速加工のニーズが高まっています。しかし機械の能力を最大限活かした超高速加工を実現するためは、機械主軸の先に取り付けられる工具とツールホルダには乗り越えなければならない幾つもの課題があります。

タップくん

タップくんはオーエスジー株式会社の公式ブランドマスコットです。1938年創業当時からの主力製品であるハンドタップをイメージした、架空のキャラクターです。親しみやすいキャラクターであるタップくんは、同社のブランドアンバサダーとして、ものづくりと地元愛知県の発展を応援しています。

大きな成功を確信

鉱業や浚渫業は、人や機械が過酷な環境条件下にあるということが広く知られています。これらの産業では、大径のスラリーポンプを使用してある場所から別の場所へ大量の物質を抽出し、移送する必要があります。スラリーポンプとは、水の中で固体を懸濁させ、スラリーと呼ばれる混合物を作り出す遠心ポンプのことです。

完璧な切りくず管理

1つの部品を製造する時間がたった数秒短縮できたとしても大したことはないとお考えかもしれません。しかし、年間100万個以上の部品を製造しているのであれば、とても大きな成果につながります。1つの部品の製造時間が10秒短縮でき、不良率を低く抑え、組立仕上げ時間を短縮でき、その上で工具の寿命を3倍にも延ばせたなら、計り知れない成果が期待できることでしょう。

お客様の夢をカタチに

オーエスジーは、1938年の創業当初よりタップを製造しており、現在では主力製品となっています。また、日本国内における切削工具市場でナンバーワンの地位を確立しており、世界の市場においてもトップクラスに数えられる企業となっています。日本国内の製造・販売に加え、海外グループ会社が現在のグローバル企業としての地位を支える重要な役割をはたしています。