タップくん

タップくんはオーエスジー株式会社の公式ブランドマスコットです。1938年創業当時からの主力製品であるハンドタップをイメージした、架空のキャラクターです。親しみやすいキャラクターであるタップくんは、同社のブランドアンバサダーとして、ものづくりと地元愛知県の発展を応援しています。

信頼に基づく協力関係

ある火曜日の朝、スウェーデン南部の都市ルンドで、テーブルを囲んだ陽気な会話が聞こえてきました。OSGの重要顧客担当マネージャーMats Anderssonと、Prodtek社のオーナーであるJakob Fornander氏、Ulf Lepik氏は、とても良好な関係です。彼らの話題は、共通の経歴、かつての同僚、職場、現在抱えている課題などに及びます。製造業界は狭い世界です。

座ぐり加工における究極のソリューション

アメリカのカリフォルニア州ロスアラミトスにあるProfessional Bearing Service Inc.は、40年以上にわたってベアリング、オイルリング、シールの再調整と修理を行ってきました。創業者は父親のTed Mandryk氏と息子のChris Mandryk氏です。目標は、石油精製所、発電所、電動機販売店や工場、下水処理施設といった幅広い産業で使われるバビットベアリングの修理と製造の分野で先頭に立つことでした。

工具寿命改善とサイクルタイムの短縮を実現

1960年に創立されたIndústria Mecânica São Carlos (IMSC)社は、ブラジル国内外の市場における自動車産業や重工・建機部品の加工、組み立ての主要なソリューション提供会社です。主な製品には、アルミニウム・鋳鉄を材料とするトランスミッションハウジング、鋳鉄・圧延鋼・鍛鋼を加工した車軸(熱処理あり・なし)、ホイールリダクションとブレーキパッドの組み立てなどがあります。

未来のエンジニア

今から30 年後、誰があなたの代わりに会社で働き、会社を経営しているか考えてみたことはあるでしょうか。オーエスジーはそれを考えています。数十年間にわたり、オーエスジーは製造業でのキャリアを志す学生に対して奨学金や研修プログラムを提供し、若い世代への投資を続けてきました。